海外(タイ)から日本に帰ってきて感じたこと/インフラ編

海外(タイ)から日本に帰ってきて感じたこと/インフラ編

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

日本に帰ってきて1年以上経ちました。

なので海外から帰国した人が感じた日本について書いてみます。

私は当時バンコクに住んでいて、今は千葉県に住みつつ東京で働いています。
一時期バンコクから離れた田舎にも住んでいました。

そのため帰国して感じた違いをバンコクと東京の比較という形で書きます。
インフラと人間性的な感じで分けるつもりです。
この記事ではインフラ関連になります。

個人的な意見満載ですので海外に住んでた人でこんな考えの人もいるんだ。みたいな感じで読んでいただけたら嬉しいです。

交通

古い

日本はタイに比べて全体的に交通インフラが古いです。
日本の方が先に経済発展しているのだから当たり前なのですが、やっぱ古いですね。

まぁ仕方ないですね。
定期的に保守点検していただきこれからも維持管理を頑張っていただきたいです。
(最近やたら電車止まってる気がしますが大丈夫ですか?私の帰国前もこんなもんだったのですか?)

ただ、子供がいる身としてはエレベーターがある出口が少ないのは勘弁してもらいたいです。
○番出口が最寄りとわかってるのにエレベーターが無いとかしんどいです。

利用者数に対して数も少ないので行列ができてるところも頂けないです。

バンコクでは駅自体がそれほど大きくなく違う出口に出たとこで大したことなかったです。
日本だとエレベーターのある出口から目的の出口の距離あったり道渡ったりしなきゃいけないので不便です。

高齢化社会待ったなしの状況もありますのでこれは早急に対応してもらいたいです。

路線も駅構内も複雑

これは皆さんもよく感じてると思いますが、とにかく迷宮ですよね。
なんで先人の人たちは将来の路線計画まで考えて作らなかったんだ。アホか!って思ってます。
方向音痴には苦痛です。
(目先のことしか考えてないのは今も受け継がれてるから企業戦略もいまいちな大企業が多いんだと思いますが。)

上に書いたエレベーターも深く考えず作ったからこうなってんだろうと思います。
あんな地下深くに作っておきながらまったく…

学生時代は田舎に住んでいたので就活の時に迷子になって遅刻したのはいい思い出です。笑

だからと言ってバンコクも別に何か意識した作りになってて特段便利って感じでは無いです。
地下鉄とBTSの駅に行くのに少し歩くしかないとこもありますし。

バンコクにもBTS(スカイトレイン)というモノレールやMRTという地下鉄が走ってます。

でも、やっぱり駅が巨大なわけではないので迷うということがなくストレス小さいです。

今もBTSは伸ばしてるようですが、今後どんなふうに発展して行くのかなー?と楽しみです。

混雑がすごい

タイもBTSは混む時間は混みます。

ただ、あんな押し込まないといけないほどではないです。

また、無理やり乗り込もうという人は少ないですね。
乗れなきゃ次待つか。って感じです。
なんで日本はすぐに次が来るのにあんな無理やり乗ろうとするのでしょうか?
押し込む担当を設置するのでなく過剰に乗せないための担当作ればいいのに。と思います。

あれは異常ですね。

タクシーが高くて不便

これすっごく不便です。
値段が高い上に道も知らないわ調べようともしないわでなんであれで商売してるのかわかりません。

タイは遠い目的地だと結構断ってくるし、同じく道知らないこともざらです。
深夜だったり観光地だと当たり前のようにぼったくってきます。
そしてなんでこれ客乗せてるの?ってくらいボロい車体も走ってます。

ただ、安いし基本適当な国だとわかって乗っているのでまぁ許せる感じです。
安かろう悪かろうです。)

日本はそれなりの値段取ってるんだし利権で守られてるんだからせめて道くらいはその場で調べるとか最低限のことはやってよ。って思います。

最近ではバンコクではUberも使えてより便利になりましたね。
(Uberで呼んだはずなのに「どこ行くの?」とか聞いてくる運転手もいますが。笑)
日本は利権の都合で普及できず…。
でもサービスは悪い…高い…。

残念です。

タクシー関係ないですがタイだと道が非常に混みます。
場所によっては歩いた方が早いこともあります。
タイ 渋滞」は有名ですね。

なので私の場合はあまりタクシーを使わず主に電車を利用してました。

ここはタイで頑張って改善してもらいたいです。

病院

受け入れ態勢が限定的

タイでは大きな病院では土日含めいつでも受け入れ体制が整っているので夜や土日の急な発熱の時なので通常と同じ医療が受けられて非常に便利でした。
日本人専用窓口あり、日本語が話せる先生、もしくは通訳もいるので診察などで迷うこともありませんでした。

日本ではいつでもOKではなく、空いていても救急外来的なとこになってしまうので応急処置しかできずすごく不便です。

ただ、タイも地方に行くとそれは全てなくなり一気に不便になります。
病気になった時はタイ語しか使えないので友人にタイ語で症状を書いてもらって持ってくしかなかったです。
どの地域でも大体同等のサービスが受けられるという意味では日本はいいかもしれませんね。

私個人としてはいつでも気軽にいけるタイの方が好きですが。

通信

通信速度が早い

日本の通信速度が早いところは好きです。

タイは今ではやっと4Gが当たり前になりましたがすっごく遅いです。
ちょっと重いサイトを見ようと思うと少し待つ必要があります。

普及速度、通信速度は2回りか3回りくらい日本の方が早いと思います。

料金が高い

これは有名ですが日本は既得権益大国なので通信料がやたら高いです。
タイのが圧倒的に安かったのでよかったです。
(速度遅いけど。)

今でこそ日本でも格安SIMが普及してきたのでだいぶ安くなりましたが。

設置工事などの対応が遅い

これは帰国した時に困ったのですが、ネット開設などの手続きが日本はひたすら遅いです。
タイみたいに言ったらすぐきてやってくれると思ってたのに数ヶ月レベルの作業になるとは思いませんでした。

完全に私の下調べ不足なのですが、こんなことで時間をロスする理由がよくわかりません。

結局ソフトバンクなら待ってる間にポケットWi-Fi使えるということでそれ使いました。

 

タイにはタイ、日本には日本のいいとこ、悪いとこがある

帰国して感じたことを素直に書いてみました

日本が嫌いで落としたいわけではないです。
タイにはタイの、日本には日本のいいところ、悪いところがあります。

どちらが好きかは人それぞれです。

双方のいいところ、悪いところを意識することで適応もしやすくなりますし、
客観的に見る目も養われると思います。

次回は帰国して感じた人間的(心理的?)な違いにフォーカスしてみたいと思います。

雑記カテゴリの最新記事