タバコミュニケーションって必要なの?タバコ休憩って重要?

タバコミュニケーションって必要なの?タバコ休憩って重要?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

タバコの受動喫煙が話題になっています。
受動喫煙は体に悪いからと、様々なところで分煙から完全禁煙に変わりつつある世の中になりましたね。

また、タバコ休憩に不平等と怒りの声があがっていることも話題になりました。

こちらはスマホ休憩やトイレ休憩は冷たく見られるのにタバコ休憩は特別扱いれているのがずるいとのことでした。

確かに非喫煙者は煙や臭い、受動喫煙での健康被害に悩まされる上に休憩時間まで不平等なんであれば憎しみにも似た感情を持つのもわかります

どんどん喫煙者に対して風当たりが強くなってきました。
かくいう私も非喫煙者ですし、家族にも煙は浴びて欲しくないです。

そんななか喫煙者側からよく聞くのがタバコミュニケーションですね。

タバコ休憩とか言われるけど、その中で仕事のこと話したり普段話さないような人と話したりして情報交換してるんだよ!
リラックスもしつつ仕事もしてんだよ!
1人でスマホいじったり何回も(長時間)トイレ行ったりでただサボってるやつと一緒にすんなよ!

ってやつですね。

私も前職では非喫煙者ながら、それが必要だと考えタバコミュニケーションに積極的に参加していました。
(私は受動喫煙しかしてません。今思えば判断ミスです。)

そんな経験者の私から言わせていただきますがはっきり言って不要です。
このことには転職したことで気づきました。

タバコミュニケーションで何話してるの?

そもそもタバコミュニケーションを取ったことない人からしたら何話してるかわからないですよね?
なので必要だと言われてもなんで必要なのかいまいちわからないし反論もしにくいと思います。

なのでまずはタバコミュニケーションで何を話しているのか説明します。
(私の経験なのでもっと色々あるかもですが。)

普段話さない、面識ない人との何気ない会話

喫煙休憩所にはいろんな喫煙者が集まります。
知ってる人もいますが知らない人、役職関係なくいろんな喫煙者です。

そしてタバコはどうやらリラックスさせる効果もあるようなので、見知らぬ人でもなんとなくほのぼのと会話が成立します。

そこで別の部署や役職も関係なく何気ない会話をすることで面識も広がります。
それにより仕事で困った時などで別の部署や役職上の人に相談しやすくなります。

仕事の話

いろんな人の中で、和気あいあいと何気ない仕事の愚痴や今後の展望などを話します。
そうするとそこでしか話さない別の部署の人などが別の角度からアドバイスをくれたりします。

また、先ほど書いた通り役職が上の人(決定権を持ってる人)などもいたりします。
この場合は愚痴をその人に寄り添ってトップダウンで解決してくれたり、今後の戦略なんかもその場で決まったりすることもあります。

情報交換

いろんな人が集まるのでいろんな情報交換が捗ります。
普通は表に出ないような人事異動の話などなど…。
リラックスしてるので通常の業務中には出してはいけないこともぽろっと出てきます。

なんとなく確かに貴重な話してるかも?と思いました?

オフィスの雰囲気悪くない?風通し悪くない?

転職してみてわかったのですが、今はタバコミュニケーションがありません。
タバコを吸う人はいますがみんな好きな時間に適当に1人、もしくは仲のいい人とで外にいきます。

なぜか?

同等のコミュニケーションがオフィス内で形成できるからです。

普段からオフィスだろうが会議室だろうが上がいようが関係なく気軽にくだらないことも話しながら仕事進めてます。
役職もそれ自体がダイレクトに権力なわけではないので愚痴も言いますし相談もします。

タバコ行くのも自由ですが、勤務時間中にスマホ弄ろうがトイレ行こうがお菓子食べようが自由です。
もちろんヘッドホンとか使って完全に1人の世界に入って集中することも自由です。
(特に何も言われないので自由にやらせてもらってるという方が正しいかも。笑)

適当に声かけていいかどうかも外からだいたいわかるようになってます。

特にタバコなんかなくても同等の雰囲気が職場にあるんですね。
(私が感じた外資での雰囲気、日系との違いについてはこちらの記事をご覧ください。)

なのでタバコミュニケーションを必要だと言ってる職場は単純に職場の雰囲気悪くて風通しも悪いだけです。
その職場の雰囲気の悪さをタバコミュニケーションと言い換えてるようなものです。

タバコミュニケーション自体に価値はない

というわけで少なくともタバコミュニケーションには価値なんてないんです。
そんなものの価値を主張してる暇があったら、まずはそれと同等のことをオフィスでできるような環境に率先して作り変えればいいのです。
喫煙者も非喫煙者も関係なく情報交換した方が幅広がりませんか?

そしてみんなで和気あいあいと情報交換や相談しながら効率よく仕事を進めていけばいいんです。
その方が楽しいし、変に縛り付けられるより集中しやすいと思います。

皆さんもちょっとタバコ休憩から自分の職場の雰囲気、見直してみると私とは別の気づきがあって楽しいかもです。
なんか新たな気づきがあれば情報交換させてもらえるとありがたいです。
もちろんタバコミュニケーションはなしでいきましょ。笑

働き方カテゴリの最新記事