めちゃイケ最終回の皮肉から考えるイジメ問題/結局イジメって何が悪い?

めちゃイケ最終回の皮肉から考えるイジメ問題/結局イジメって何が悪い?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

めちゃイケ、最終回観ました。

本当におもしろいですね。
なんか懐かしいコーナーいっぱい、懐かしいゲストの方々もいっぱいで笑いっぱなしでした。

でも、私は新メンバーが入る頃(その前からかな?)観てませんでした。
新メンバー加入してから8年も経ってるんですね。
つまり少なくとも8年前後は観てないということですね。

なんで観なかったかというと、なーんか面白くなくなってしまったような気がしてしまったんです
控えめになってしまったような感じを受けてしまって、何のコーナーを観ても中途半端だなー。全力感を感じないなーと…

わかってはいたんですが、やっぱりこれは色々な圧力から規制が入ってしまったからなんだろうな。というのを最終回を観ながら改めて感じています。

だってこの最終回がすっごく面白いし笑いがずっと止まらないんですもん。
こんなにテレビを長時間集中して観て心動かされてるのは久しぶりです。
学生の頃に観てためちゃイケをタイムスリップして観てるみたいです。
テレビってやっぱこうあるべきなんだと個人的にはすごく思います。

でも、最終回を観てる中で各コーナーをメンバーが全力でやってるのを観て、岡村さんのしりとり侍での皮肉を聞いて、イジメってなんだろうと同時に考えてしまいました。

たぶんこれがめちゃイケ最終回の狙いかもしれませんが、まぁ考えてしまったんだから仕方ないです。
この先いろいろ経験してく中でもずっと考えて自分なりに更新していくんだと思います。

ただ、私はこの不寛容さで自分の子供がいじめられる、いじめるのは嫌だと思いましたので一旦文字に起こしてみます。

結論から言うとイジメの正体って不寛容さなんじゃないかなー。というのが現段階で私なりに出した答えです。
そしてこの不寛容さは私の経験では学校教育で教え込まれるもんかもなと思いました。

結局クレームで求めてたのはなんだったの?自己満足?

まず、めちゃイケのしりとり侍はクレームの影響で1年で終わってしまったとのことです。
しりとりで間違えた人が野武士に集中的に叩かれるのを真似してイジメにつながるから止めろ的なことだそうです。

岡村さんが最後のしりとり侍の冒頭で言いました。

このコーナーがなくなったおかげで世の中からイジメがなくなったんだからよかった

最高の皮肉だな。と私は思いました。

さて、これで本当にイジメがなくなったかというと、実際は全くなくなってません。
集中して誰かをこき下ろすイジメもなくなった、減ったかというとそれも全くなくなったように見えません。

それどころか今はネットリンチとかいう形のイジメまであります。
これも誰かいち個人、団体をこき下ろして集中攻撃してるんで中身は同じですね。

結果論ですがクレームした人たちの自己満足で終わってしまったと言うことです。
本人たちはいいことをしたつもりでいたんでしょうが本質を捉えられてなかったってことですね。

だからといってその方達が悪いと言うことではないです。
だって本人たちは当時はいいことだと思ってやったんですもん。

でも、そのクレームがイジメに影響がなかったことに対しては一度は反省はした上でその志を次に繋げて欲しいです。

イジメの本質ってなんなの?

私はイジメの本質とは不寛容さだと思います。

不寛容だから他人の価値観が認められないんじゃないなーと考えてます。
他人が、自分と考えや行動と違うから叩いて消してしまいたいんじゃないのかなーと。

なのでめちゃイケのいちコーナーに対してもこんなの観たらイジメにつながる!殴ってしまう!と感じてクレームつけたんだと思います。

そう考えると、しりとり侍に関して言えば一方的にイジメられてたのはしりとり侍側なんですよね。

本来、そんなんそれぞれの感じ方一つで変わるし、それはそれぞれの感性に任せるもので誰かが一方的に抑圧するものではないです。

どうしてそんな不寛容になの?

私はこれは義務教育が一役買ってると思っています。
もちろんそれが全てではないですが、一つの大きな要因だと考えています。

義務教育では集団生活という名目で個性よりも和を尊重させられます。
和を尊重させられるので、何か多数の人と違うことは和の中に収まるように強制される傾向があります。

それを常に強制されている間にいつのまにか自分と違うことを考えている、行動している人やそういう影響を与えそうなものが悪であるかのように感じてしまうんじゃないかと思います。

誰かが誰かを抑制する必要なんてない

最終的にはみんなそれぞれの個性、感性を大切にしあって認め合えればいいと思います。
だからといって感性合わない人と深く付き合う必要ないし、嫌なら離れればいいんです。

岡村さんが過去に言ってましたね。

嫌なら見るな

これはその通りで、自分が嫌なら黙ってそこから他人は巻き込まずに離れればいいのです。
ただ、これで言った人を集団で責めてたらそれは不寛容ですしただのイジメです。
感性が違う人とはどう接するかを書いた記事もありますのでよかったらご覧ください。)

自分の子にはこんな不寛容な人になって欲しくないなーと思います。

他人と違う部分はそんなもんで流し、他者を蔑んだり抑圧しない。
くだらないことでも笑っていける人になるようパパとしては能動的に育児していきたいと思います。

そして将来はみんなで寛容でほどほどの距離感で笑いあっていられるような社会になって欲しいですね。

 

それにしてもめちゃイケ最終回は面白くて感動していい番組でした。
いろんなことを考えさせてくれてありがとうございました。

育児カテゴリの最新記事